若手銀行員の日常。給料・投資信託・旅行・食べ物・お酒

4年目銀行員のブログです。給料・投資信託・旅行・食べ物・お酒について書きます。

タンパク質摂取のタイミング

タンパク質摂取のタイミング

 

①成長ホルモン分泌のピークを逆算して摂取。

(=タンパク質の吸収を高める。)

→就寝する30分~1時間前

 

②タンパク質が欠乏している時間帯に摂取。

→トレーニング直後

→朝の起床後

(=トレーニング中、睡眠中の身体の回復等で、タンパク質が利用されてしまっている。)

 

参考文献:

森永製菓

URL:https://www.weider-jp.com/protein/columns/detail/?id=5&category=muscle

最終閲覧日:2019年7月15日

 

DNS ZONE

URL:https://www.dnszone.jp/sp/nutrition_guide/3-3.php

最終閲覧日:2019年7月15日

 

オルニチン ornithine

※用量・用法は専門家の指示従ってください。

 

【1日に必要なオルニチンの摂取量】

1日400mg~800mg程度が摂取目安量として適当と考えられている。

 

【オルニチンの効果は主に2つ】

①肝機能を保護する。

②成長ホルモンの分泌を促進する可能性が示唆されている。

 

①肝機能を保護する。

→オルニチンサイクル(アンモニア尿素に変える体内の化学的サイクル)の活性化が期待できる。

 

アンモニア:有害

尿素:無害
 

無害化サイクルが活性化

=肝臓全体の機能を保つ効果。

 

②成長ホルモンの分泌を促進する可能性が示唆されている。

→成長ホルモンは、

・タンパク質を合成し筋肉を強くする。

・骨や体を修復、疲労の回復などに寄与する。

 

→成長ホルモン分泌量は思春期後期をピークに減少していく。


思春期前の値を100%とすると、思春期後期で200%程度。30、40歳台では50%、60歳では30%程度。

 

参考文献:

協和発酵バイオ株式会社

URL:https://www.kyowahakko-bio-healthcare.jp/healthcare/index.html

最終閲覧日:2019年7月15日

 

オルニチン研究会

URL:https://ornithine.jp

最終閲覧日:2019年7月15日

 

成長ホルモン分泌不全症

成人の成長ホルモン分泌不全症と下垂体機能低下症の情報サイト

URL:https://ghw.pfizer.co.jp/adult/index.html

最終閲覧日:2019年7月15日