若手証券マンの日常。給料・投資信託・旅行・食べ物・お酒

3年目証券マンのブログです。給料・投資信託・旅行・食べ物・お酒について書きます。

インドは新紙幣発行でどうなっているか。

美女、ボリウッド、カレー、ダンス、歴史、宗教、人種、多言語、、、、、大国インドで何が起こっているの?

 

日曜日に投資信託について書きましたが、その時にインド債券が上がって、インド株が下がっていることに気付きました。

 

なんでや、、、ということで調べました。

 

→旧紙幣を廃止して新紙幣を発行したから。

 

そういえば、アメリカ大統領選挙の裏でそんなことやってましたね。

 

インドも世界に騒がれすぎないように上手くこっそり実行出来る日を選んできました。

 

旧500ルピー札(約800円)と旧1000ルピー札(約1600円)が廃止されました。

 

代わりに新500ルピー札と新1000ルピー札に加えて新2000ルピー札が登場です。

 

インドには何度も行ってますが、2000ルピー札なんて高級ホテルでしか使えません。最新のモールでも1000ルピー札だとお釣りがないよと普通に言われちゃうレベルです。500ルピー札は1000ルピー札と比べればまだ使えるところが多いです。(マクドナルドやモールなどの最新店舗なら。)普通のお店なら500ルピー札でもお釣りないよと良く言われます。

 

インドは1食100ルピー(160円)あれば充分食べることのできる物価水準です。みんな10ルピー札、50ルピー札、100ルピー札を駆使します。

 

じゃあ、庶民が使っていない高額紙幣をなぜ廃止して、さらに上の超高額紙幣を発行するの?

 

ちまたで言われている理由は3つです。

 

1.ブラックマネー(不正資金や偽造紙幣など)の排除。

2.所得のあぶり出しによる確実な徴税。

3.経済成長の促進。

 

1や2は発展途上国にありがちなお話ですね。反社会勢力やテロ組織の排除、お金持ちからしっかり徴税しようという狙いです。

 

3は少し難しいですが、現在、旧紙幣を新紙幣に交換しようとしても1日で2000ルピーしか交換できません。(少ない、、、笑)

 

どこで交換するか?答えは銀行です。

 

旧紙幣で10万ルピーを銀行に持っていくとします。2000ルピーは新紙幣になります。残りの9万8000ルピーは銀行預金になります。

 

はい!これが今日のお題のインド債券の急騰とインド株の安値の理由です!(お待たせしました。)

 

なんで債券は上がったの?

 

→銀行は集まったお金を運用する必要性

→インド国債が買われて、

 

→債券の価格が急騰。

 

じゃあ、なぜ株が下がったの?

 

→1日2000ルピーしか交換できないので、国民の手元に

 現金がない。

→インドは現金決済が多い。(バイクや車、たばこなど 

 贅沢品の購入も現金でしている人が多い。)

→農村でも農産物の売買が出来ないなど影響がでている。

→経済が回らない。

→自動車やバイク、たばこなどの贅沢品、消費関連など

 

→株が下落。

 

ちょっと待って、3.経済成長の促進。が新紙幣発行の理由って言ってるのに意味なくない?!と思われる方もいらっしゃるでしょう。

 

理論としては、

 

→銀行にお金が集まる。

→企業への融資の金利が下がる。

 (銀行は余っているお金を貸したいから。)

→お金を借りて設備投資や事業拡大を行う企業が増える。

(企業は利率が低いと返済するお金が少なくて済むので、

 お金を借りるようになる。)

→経済成長が促進。

 

というわけで、インドは理論通りにことが運ぶように今必至に新紙幣をせっせと刷ってるわけですね。

 

インド株、追加で買っておこうかな。